セルフ・リライアンスという生き方

投資信託を中心にいい会社、いい事業にコツコツ長期投資。 社会とつながるソーシャルな投資や寄付も実践中。

胡桃堂喫茶店1周年・胡桃堂サロン

セキュリテのクルミドコーヒーファンドで出店を応援した、国分寺の胡桃堂喫茶店が2017年3月27日のオープン1周年を迎え、出資者向けの「胡桃堂サロン」が開かれました。

胡桃堂喫茶店の1年の歩みと、今後の展望について、店主の影山知明さんからお聞きしました。

f:id:shimo1974:20180330210829j:plain

半年前に続き、2回目の訪問でした。

クルミドコーヒーファンド出資者の集い・第1回「胡桃堂サロン」

影山さんより、1年を振り返り、試行錯誤しながらもお店の「型」がようやくできてきたと話がありました。

人、組織の面では、チームづくりと人財育成に力を入れた1年だったとのこと。スタッフ間での価値観の共有が進み、いいお店づくりのベースとなる土壌ができてきているように感じました。

顧客の声に耳を傾け、店内のレイアウトやメニューの見直しなども行ってきました。目下の取り組みは、前回も話題になった、胡桃堂喫茶店ならではの「名物」づくりです。

胡桃堂は国分寺の駅から少し離れているので、「わざわざ来てくれる」お客さんが来客層の中心。胡桃堂にしかない、胡桃堂らしい看板メニューは大事です。最近始めたデザート「胡桃堂のシベリア」や、くるみづくしの「くるみ定食」が好評とのことです。「胡桃堂といえば○○」みたいな名物に育てばいいですね。

影山さんは、喫茶×書店×イベントのグルーヴ感、と表現されましたが、胡桃堂は、喫茶店という枠にははまらないオリジナルな空間です。好きな音楽系のイベントもやっているので、また行きたいです。

胡桃堂喫茶店の1階には「胡桃堂書店」があり、古書も扱っています。
長く読み継いでもらいたい本があればぜひ、ということで、学生の頃にハマった、岩井克人さんの「貨幣論」(1993年)を寄付出品しました。ファンド以外でもお店づくりに参加できました。

f:id:shimo1974:20180330211514j:plain

ファンドは出資一口、寄付一口で応援しています。多くの人に長く愛されるお店に育つよう願っています。

【過去記事】
SABAR銀座店リニューアル・「SABAR鯖街道よっぱらいサバファンド」投資家限定シークレットパーティー

セキュリテ熊本地震被災地応援ファンドに出資

セキュリテの「途上国未電化家庭用太陽光システムファンド」に投資しました