セルフ・リライアンスという生き方

自分も社会も豊かにできるお金の使い方について。日々の投資や寄付の記録を綴ります。

寄付-未分類

世界は贈与でできている――資本主義の「すきま」を埋める倫理学(近内悠太・著)【読了メモ】

近内悠太さんの「世界は贈与でできている」を読みました。「贈与」という言葉が目に留まり、思わず手に取りました。 生きる意味、仕事のやりがい、大切な人との関係性・・・ お金では買えない、経済合理性では説明できないけれど人生に必要なもの。これらは…

寄付者は社会的リターンを求めてお金を託す投資家

このブログでは、自分の日々続けている投資と寄付のことを主に書いています。 この2つは、投資は自分のお金儲けのため、寄付は他人にあげるもの、と考えてしまうと一見遠いものですが、今お金を必要としている会社や人に資金を託す=ファイナンスするという…

寄付も投資も社会変革への意志(オルタナ・村上世彰氏インタビュー)

オルタナ51号は、寄付の特集でした。かつて「村上ファンド」で名をはせた村上世彰さんのインタビューがあり、手に取りました。

新・贈与論-お金との付き合い方で社会が変わる(林 公則)【読了メモ】

林公則さんの「新・贈与論」。ドイツの社会的金融機関、GLS銀行の取り組みを紹介しながら、お金との付き合い方、贈与の意味を問い直している本です。 目次・構成はこちら → <新・贈与論> GLSグループは、教育や環境、農業、福祉などの公益的な事業を、融資…

日本版グラミン銀行「グラミン日本」の立上げに向けたワークショップ

グラミン銀行をモデルに、貧困層・生活困窮者向けの無担保少額融資を行うマイクロファイナンス機関(グラミン日本)の創設に向けたワークショップに参加しました。講演会・ワークショップ『「グラミン日本」の立上げに向けて』主催は草の根金融研究所さん。…

「ポバティー・インク あなたの寄付の不都合な真実」上映会(恵比寿ソーシャル映画祭)

寄付月間と「恵比寿ソーシャル映画祭」のコラボ企画で、久しぶりに映画を観てきました。「ポバティー・インク」は、途上国に対する寄付や援助の負の側面を描いたドキュメンタリーです。【寄付月間2016:公式認定企画】恵比寿ソーシャル映画祭 Vol.6を12/07(…