セルフ・リライアンスという生き方

自分も社会も豊かにできるお金の使い方について。日々の投資や寄付の記録を綴ります。

投資

鎌倉投信・結い2101サマリー(2021年3月末)

鎌倉投信の「結い2101」の運用状況を四半期ごとにまとめています。 データは、鎌倉投信の月次運用報告「結いだより」、モーニングスター、投信協会から拾っています。 「結いだより」(月次運用報告資料) | 鎌倉投信 パフォーマンス 2021年3月末時点の、過去3…

「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ」にゲスト参加しました

「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ」は、投資信託などでコツコツ資産形成を実践する投資家さんの集う交流会です。東京では、2010年から100回以上開催されています。 私も以前よくお邪魔していました。ここで知り合った友人も多いです。個人投資家、とい…

運用記録(2021年3月末)

新年度を迎えました。コロナの問題はなかなか先が見えませんが、マーケットは米国債の利回り上昇などもありつつ、おおむね堅調な状態が続いています。 四半期ごとの運用状況のアップデート(2021年3月末現在)です。 (前回)運用記録(2020年12月末) リタ…

鎌倉投信・いい会社訪問オンライン(養命酒製造)に参加しました

先日、鎌倉投信のオンライン「いい会社訪問」に参加しました。鎌倉投信のイベントは昨年秋の受益者総会以来です。今回話を聞く「いい会社」は、養命酒製造。 結い2101では2010年に組み入れ、10年以上保有しています。 誰もが知っている「薬用養命酒」が中心…

投資と寄付~積立投資とマンスリーサポート

「投資」と「寄付」。このブログの2大テーマです。この2つの経済的行為は、一般的には真逆のものと考えられているようです。 「投資」は自分のため、お金を儲けるためのもの。「寄付」は他人のため、お金を誰かにあげるもの。 しかし、実は投資は他人のため…

スパークス・清水裕さんのESGデータ解説がわかりやすい

スパークス・アセット・マネジメントのファンドマネージャーである清水裕さんが、noteでESGデータの活用について解説しています。竹川美奈子さんのツイートで知りました。 清水さんは、スパークスのサステナブル投資チームで、日々ESGを考慮した運用を実践し…

「市場」ではなく「企業」を買う株式投資【増補版】(読了メモ)

いい会社をとことん選び抜いて、長期で投資する「厳選投資」の意義と有効性を説いた本です。 コモンズ投信の渋澤さん、伊井さん、NVICの奥野さん、みさき投資の中神さんなど、日本を代表する「厳選投資」な人達が執筆しています。

セキュリテの「しなの鉄道 車両更新応援ファンド」に出資しました

長野のローカル線しなの鉄道が、電車の車両更新費用をセキュリテのファンドで募集しています。 しなの鉄道は1996年設立の第三セクターの鉄道会社です。北陸新幹線開通によって廃止されたJRの在来線を引き継ぎ、地元の人達の足となっています。 沿線人口の減…

セキュリテ「私のブレンド・ファイナンス」にインタビューが掲載されました

「セキュリテ」を運営するミュージックセキュリティーズさんに、インパクト投資を取り入れている個人投資家としてインタビューを受けました。 「私のブレンド・ファイナンス」というテーマで、セキュリテに関わり、応援している当事者の声を届けるインタビュ…

鎌倉投信・結い2101サマリー(2020年12月末)

鎌倉投信「結い2101」の四半期ごとのまとめです。積立を始めて今年でまる8年になります。 データは、鎌倉投信の月次報告「結いだより」、モーニングスター、投信協会から拾っています。前回(2020年9月末時点)の記事はこちら。 パフォーマンス 2020年12月末…

MJIのミャンマーオンラインイベント(ミュージックセキュリティーズ・Living in Peace・リンクルージョン)

セキュリテのファンドで、ミャンマーのマイクロファイナンス機関(MJI社)に出資しています。 日本人の加藤侑子さんが代表を務めるMJIは、ミャンマー国内で、女性の零細事業者向けに小口の融資を提供しています。過去に何度か当ブログで紹介しました。 昨年…

運用記録(2020年12月末)

2021年もよろしくお願いします。四半期ごとにまとめている、個人の運用状況のアップデート(2020年12月末時点)です。 前回は、積立開始10年のまとめを載せました。 リターン 2020年は、2~3月にかけてコロナショックで世界的に大きく下落した後、4月以降は…

セゾン投信・園部新社長の話

今年6月、セゾン投信は、2006年の創業以来会社を引っ張り大きくしてきた社長の中野晴啓さんが代表取締役会長・CEOに就任し、新しく園部鷹博さんが代表取締役社長・COOに就任する新体制を発表しました。 新体制のお披露目ということで、園部新社長と、中野新…

クラウドクレジットでの投資状況まとめ

投資型(貸付型)クラウドファンディングのクラウドクレジットで投資を始めて間もなく5年です。個人でも少額から実践できるインパクト投資のひとつとして、分散投資の一部に位置づけています。 社会的インパクトと経済的リターンの両立を目指す「インパクト…

朝日ライフ SRI社会貢献ファンド(あすのはね)が運用開始から20年

毎月積み立てている、朝日ライフアセットマネジメントの「朝日ライフ SRI社会貢献ファンド」(愛称:あすのはね)の第20期の運用報告書が開示されました。 朝日ライフ SRI 社会貢献ファンド(愛称:あすのはね) 自分の保有する投信の中では、運用開始から20…

ひふみワールド・まとめ(2020年10月末)

2019年10月8日に設定されたレオスの海外株ファンド、ひふみワールドが、運用開始から1年ちょっと経過しました。 私は当初の募集で投資し、毎月積み立てています。約1年のファンドの運用状況をまとめました。 パフォーマンス ひふみワールドは、ベンチマーク…

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020」に投票しました

今年もこのアワードに投票しました。 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020 個人の投信ブロガーの投票で、よい投資信託を選ぶこのイベント。 昨年(2019)の結果はこちらです。 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019 ここ数年は「よい投資信託…

鎌倉投信・第11回「結い2101」受益者総会に参加しました

鎌倉投信の11回目の受益者総会に参加しました。 受益者総会は、「結い2101」の受益者、投資先企業が会し、鎌倉投信の理念と価値観を共有する、年に1度のイベントです。5回目から毎年参加しています。 今年は「これからの、不易流行~変化を成長につなげる現…

鎌倉投信・結い2101サマリー(2020年9月末)

鎌倉投信の結い2101の運用状況を四半期ごとにまとめています。データは、モーニングスター、投信協会、鎌倉投信の公表情報より。 前回の記事はこちら。鎌倉投信・結い2101サマリー(2020年6月末) パフォーマンス 前回同様、2020年9月末時点の、過去3年、1年…

コモンズ投信の第12回コモンズ社会起業家フォーラム

コモンズ投信の「コモンズ社会起業家フォーラム」も今年で12回目となりました。私は5回目から参加しています。今年は初のオンライン開催でした。 社会起業家フォーラムは、さまざまな社会課題に取り組む方が、マイク1本、プレゼン資料なしで想いを語る1人7分…

積立投資開始から満10年

2010年9月に積立投資の記録を付け始めてから、まる10年経ちました。 気づけば、10年で自分の投資に対する考え方は大きく変遷してきました。この10年+αを振り返りたいと思います。 投資への考え方が変わった10年 リーマンショック前(~2008) 2000年代前半…

セキュリテの「ミャンマー農村ラストマイル配達ファンド」に投資

インパクト投資プラットフォームのセキュリテで新しいファンドに投資しました。 投資先は、ミャンマーで、マイクロファイナンス機関向けの業務管理システム提供や、小規模商店向けの商品配送事業(コマース事業)を手がける「リンクル―ジョン」という企業で…

外資系アナリストが本当に使っている ファンダメンタル分析の手法と実例【読了】

ファンダメンタル分析関連の書籍の紹介です。著者は、運用会社でバイサイドアナリストをされている松下敏之さんと高田裕さん。2017年に出た本で、界隈では結構有名なのでお持ちの方も多いかもしれません。 外資系アナリストが本当に使っている ファンダメン…

長期厳選投資おおぶね 第3期運用報告書をチェック

積み立てしている「農林中金<パートナーズ>長期厳選投資おおぶね」の第3期(2020年6月22日決算)の運用報告書をチェックしました。 NVIC(農林中金バリューインベストメンツ)が運用を担う「おおぶね」シリーズのうちの米国株ファンドです。以前の名称は「…

CAMPFIRE Ownersのオンラインセミナーに参加しました

CAMPFIRE Ownersは、CAMPFIREの提供する融資型クラウドファンディングです。現在、私個人は2つのファンドに投資中です。 今回、投資しているファンドのひとつ、「カンボジア農家支援ファンド」の説明会があり参加しました。まだCAMPFIRE Ownersのことは書い…

ひふみ投信らしさを再確認(ひふみアカデミー・2020年8月)

2020年8月のレオスのひふみアカデミー(月次運用報告)を視聴しました。 ひふみ投信、ひふみワールドを積み立てていますが、そんなにこまめにチェックしておらず、安心してお任せ状態になっています。結構ひさびさの視聴でした。 動画で紹介されていた、2020…

当初設定額3,800億円のESGファンド「未来の世界(ESG)」をチェック

2020年7月20日に運用開始した、アセットマネジメントOneの「グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド」(愛称:「未来の世界(ESG)」)が、当初設定額約3,800億円という大型設定で話題になっています。これは、「ノムラ日本株戦略ファンド」に次ぐ…

「アクティブ元年・日本株ファンド」の投信ブロガー説明会(三井住友DSアセットマネジメント)

三井住友DSアセットマネジメントさんの運用する、「アクティブ元年・日本株ファンド」のブロガー向け説明会がありました。 アクティブ元年は、同社の「投信直販ネット」の直販専用ファンドです。2019年2月にラインナップに加わりました。 今回は、投信ブロガ…

2つのインパクト投信を比べてみた(ベイリー・ギフォード インパクト投資ファンド vs 世界インパクト投資ファンド)

上場企業を投資対象とする公募投信でも、経済的リターンと社会的インパクトの両方を追求するインパクト投資の流れが出てきています。 代表的な2つのファンド、「ベイリー・ギフォード インパクト投資ファンド」と「世界インパクト投資ファンド」を比較して…

インパクト評価と社会イノベーション―SDGs時代における社会的事業の成果をどう可視化するか―(塚本一郎・関正雄 編著)【読了】

財務的リターンと社会的インパクトを同時に追求するインパクト投資においては、社会的インパクトの測定、評価が不可欠だと言われます。 ただ、実際にインパクト評価ってどうやってやるの?という疑問がいつもありました。 そこで見つけたのがこの本です。イ…